日本の美術館は撮影禁止が多い?

日本の美術館は撮影禁止が多い?

スポンサードリンク


 日本の美術館では、館内撮影禁止のところが多いようです。殆どの美術館がそうかもしれません。海外ではどうでしょうか?海外では、フラッシュ撮影と、ビデオ撮影は禁止というところが多いようですね。また、撮影した物を第三者に譲ったり、画像を加工したり、改変したり、アレンジしたり、商用利用したり、という事はもちろん禁じられています。写真撮影は可でも、あくまでも個人利用にとどめて下さい、ということですね。

 フラッシュというものは、作品に悪影響を与える場合があります。美術館の中には当然の事ながら、コレクターから有償で借り受けた作品もありますので、これの劣化を助長させるような行為は、禁止されて当然ですよね。

 また、デジカメや携帯電話のカメラの普及に伴って、誰でも写真や動画が手軽に撮影できるようになった反面、その使い方が今ひとつよくわかっていない方も多いのではないでしょうか?例えば、デジカメのフラッシュを焚かないようにする設定や、携帯電話のカメラのフラッシュを焚かないようにする設定が、誰にでも簡単にできるでしょうか?中には、デジカメのフラッシュをオフにする事がわからない人もいるのではないかな、と、思います。

 日本の美術作品の中には、水彩画などをはじめとして、かなりデリケートな作品も多く存在します。この作品に、一日数千ものフラッシュが焚かれてしまうことは、理にかなった事ではないのですね。

スポンサードリンク


サイエンスコスメ。悩みごとのラインナップ。

全てにお試し商品があります!


↓ ↓ CLICK ↓ ↓

美容


 我々サイドとしても、このような「フラッシュ禁止を守る」「商用利用禁止を守る」という決まりに対して、しっかりとした意識を持って、取り組んで行きたいものですよね。

 ですが、動画サイトに、館内の様子がアップされていたりする事も時々あるようです。ある一人の軽率な行為によって、民族そのものの考え方が出来上がってしまうような悲しい傾向もありますから、私たちは一人ひとりしっかりとした意識を持って、美術館巡りを楽しみたいものです。

 原則的に撮影は禁止と思っていた方がいいでしょう。許される場合には、その旨の記載があるかと思います。また、貴重な展示物にはロープが貼ってある場合もあるでしょう。これらの状況についてとやかく言いあうのは本来の姿ではありません。私たちは作品に対して深い敬意を払い、背景を理解し、純粋な気持ちで向き合う事により、心からその作品の深い部分を鑑賞できるようになりたいものです。


スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

いつかは世界各地の有名美術館を実際にこの目でみてみたいですね。
ニューヨークの美術館 こちらのサイトでは日本の有名美術館をご紹介していますが、美......

▲このページのトップへ


10年前に肌の時計をもどす

シミひとつない透明肌をめざす
3つのステップ
お試し 1,890円!

↓↓ CLICK ↓↓


シミ

HOME

携帯版のQRコード

今年こそ行きたい!全国の有名美術館:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://databasetravel.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。